婚活はアプリでする時代?!恋活Facebookアプリを比較しました

子連れで再婚は難しいのでしょうか?

恋活

 

子連れですがいつか再婚したいです・・・
シングルマザーの再婚は難しいのでしょうか?

 

シングルマザーでいるのが不安と言う人がいたり、離婚して気楽で良いと言う人がいたり、子どもが巣立ったら老後が寂しいと感じたり色んな考えの方がいると思います。

 

離婚したばかりの時は、もう結婚はしたくない、夫に頼らなくても子どもと一緒に強く生きていこうと思ったりしますよね。
母親としてだけ生きて、子どもの為にも頑張ろうと思っている方が多くいる事でしょう。

 

ですが、時間が経って傷が癒えたり、気持ちの切り替えが出来て余裕が出てくると、好きな人が出来たり、ずっと一人で生きていくより共に歩むパートナーが欲しいと思えるようになったりもします。

 

このような気持ちの変化にとまどうシングルマザーは多いのです。
寂しくなり、頼れる存在が欲しいと思うのは悪い事ではありません。

 

シングルマザーでも恋愛して良いと思いますし、再婚する事もあるでしょう。
子どもがいるから躊躇してしまう方も多いかと思いますが、子どもからしてみれば、あなたの為に生きてきたのだと言われてしまったら少し重く感じるのではないでしょうか?

 

今、シングルマザーで再婚する人が増えています。

 

離婚が珍しいものではなくなってきている為、離婚歴のある女性への偏見が少なくなってきている事も子連れ再婚が増えている理由の一つのようです。

 

日本では、年々離婚する人が増えていて3組に1組が離婚しています。
その過半数が同居年数10年未満という結果のようです。

 

世界の主要国離婚率ではロシアが1位でアメリカが2位・・・日本は6位ですが、このまま増え続けると更に順位が上がりそうな勢いです。
因みに、アメリカは2組に1組が離婚しているようです。

 

離婚する人が増えていますが、その分再婚する人も増えているのです。

 

日本では年間で70万組程のカップルが結婚し、その後約25万組程の方が離婚されているようです。
その70万組の4分の1はどちらかが、または両方が再婚者であると言われています。

 

再婚する理由として、一度は結婚で失敗はしたものの、この先ひとりで生きていくのは不安だったり、老後が寂しいという思いが大きいようです。

 

離婚歴をもつ女性に対し、「絶対にイヤ」という男性はわずか12%で40%近くの男性が離婚経験者の方が良いという考えを持っているようです。
その理由として、人生経験が豊富な為、優しさや包容力があると期待していたり、仕事も家庭のこともバリバリこなす姿はカッコイイと感じているようです。

 

近年は、初婚の女性よりも離婚歴のある女性を選ぶ男性も増えつつあるようです。

 

時代の流れ、生活スタイルの変化とともに、男性・女性の価値観も変わってきているのではないかと思います。

 

再婚する時に気を付けたい事とは?

 

早く再婚したいと気持ちが焦ってしまい、子連れで再婚してくれる人なんて、なかなか見つからない。私を他に受け入れてくれる人なんて他に居ない。
と思って急いで再婚してはいけません。
相手を冷静に見極めないと、再婚したのにまた離婚してしまうかも知れません。

 

それから、再婚する際は、必ず子どもの心の状態を汲み取って下さい。
子どもの心が安定しているか?不安定になっていないかパートナーを信頼しているか?を見極めてください。
子どもにとっても再婚相手を受け入れられる状態であれば、再婚に向けて進んでいきましょう。

 

子どもが元夫を想う気持ちが強い場合は、特に考える必要があります。
その子によって丁度良いタイミングがあるのでそれを見極める事も大切なのです。

 

子連れ再婚だからと言って、父親探しをしないことです。
父親探しをすると、自分が相手を好きというより子どもに良いかで選んでいるので不満が出てきてします事もあります。
もちろん子どもの事を考える事は必要ですが、相手が自分にとって良いパートナーかどうか?が大切ですよね。

 

両親が幸せでいる事も子どもの幸せにつながります。

 

自分を幸せにしてくれる人、自分が幸せにしたいと思う人と再婚しましょう。

 

そして、新パートナーには、女性である私と母親である私を見て判断してもらいましょう。
女性として頑張っている姿だけに惚れている場合は、母親である姿を目の当たりにした時にガッカリしてしまう可能性もあります。

 

女性であり母親である私を好きになってくれる人と再婚する事が大切です。

 

自分だけの問題ではない子連れ再婚ですが、新パートナーと巡り会えたことで、更に幸せな家族になれた方は沢山います。
子連れ再婚だからこそ、家族としての絆が深まったという話も珍しくはないのです。

 

焦らず自分を大切にし、子どもにも良かったと思える再婚をしましょう。

 

離婚して良かった!という声は意外と多いですが、本当は離婚などせずに幸せな結婚生活を送りたかったのです。

 

1度目の離婚を経験して良かったと言える再婚をする為に、また同じような理由で離婚しない為にも反省する事が大切です。

 

再婚して幸せになっている方は大勢いますし、そうではない方もいます。

 

見極める事が大切ですし、友達など冷静に見てくれる人の意見を聞く事も大切です。

 

好きになって盲目になっていると、しっかりとした判断ができなかったりもします。

 

友達の相談にはのれるのに、自分の恋愛だとダメだったりするのは冷静に相手を見れていないからではないでしょうか。
この再婚がダメだったら次はない何て事は考えないようにしましょう。

 

 

シングルマザーにおすすめの、婚活アプリがあります。

婚活・恋活・再婚活マッチング、マリッシュ(marrish)

 

マリッシュ(marrish)は、再婚、シングルマザー婚、子連れ婚の方、未婚のシングルママにとてもおすすめです。
一般的な婚活では少し動きづらい方の為に、無料いいねがもらえる数や、ログインプレゼントなどが他の方より多くなっていたりと、優遇プログラムがあります。

 

良い再婚が出来ますように。


★婚活と恋活の両方を考えている方におすすめのアプリです★



pairs(ペアーズ)

 


 国内最大級のマッチングサービスです!

・累計会員数450万人
・累計2,700万マッチング突破
・24時間365日の監視体制を整備で安全安心


pairs(ペアーズ)はとにかく会員数が多いです!

色んな年齢層が登録していて「いいね!」を貰いやすい!

恋人が欲しい人や結婚を考えてる人も多いので、恋活と婚活のどちらにも向いています。
結婚に前向きな人が多いのも特徴で、真剣に恋人を作りたい男女の方に向いています。

真面目にお仕事を頑張っている会社員、公務員、大手企業の方、社長、ハイスペックな男性等、
本当に幅広い職業の方が登録しています。

女性の登録数も多く、美人の方やお仕事をバリバリしている女性など、沢山の方が在籍しています。

知る人ぞ知る有名な方もちらほらいたりして「こんな人も登録しているの!?」と驚いた事もあります。
pairs(ペアーズ)は今までの出会い系のイメージを変えてくれたアプリの一つではないでしょうか。

 pairs(ペアーズ)の詳細はこちら





with(ウィズ)

 


 共通点から気が合ったお相手に出会えます!

・メンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービス
・上場企業が提供しているため安心・安全
・性格診断イベントで価値観が合う理想の相手を探せる



with(ウィズ)は今、人気急上昇中です!

自分の価値観に近い人を探せるという事で、今、登録する人がどんどん増えてきています。

イベントで診断テスト等を使って、新感覚でお相手を見付けられる画期的なアプリです。
運命のお相手を見付けやすいです!

他のアプリで会う方が見付からなかったと言う人も、with(ウィズ)に流れて来ています。

婚活や恋活のどちらにも向いているアプリですが、どちらかと言えば少し恋活向きに感じました。
幅広い年齢層が登録していますが、若い人が割と多めです。

新規登録時のプロフィール設定、毎日のログイン等、ポイントを貰える機会が多いのも魅力の一つです。
ポイントは「いいね!」する時やメッセージ付き「いいね!」する時に使う事が出来ます。
ポイントが無料で貰えるのは嬉しいですし、沢山あればアプローチしやすいですね!

 with(ウィズ)の詳細はこちら




★婚活したい方におすすめです★



マリッシュ(marrish)

 


 色んな恋と婚活を応援しています!

・恋活、婚活、再婚、シンママ婚、年の差婚などにおススメ
・再婚、シングルパパ、シングルママなど優遇制度あり
・月額制とポイント制のどちらでもOK



マリッシュ(marrish)は少しワケあり婚活には特におすすめです。

シンママやシンパパ、再婚相手を探したい人にとても向いています。

今までは離婚経験がある方におすすめ!というアプリは中々なかったかと思います。
マリッシュ(marrish)は再婚出来るように力を入れていて、優遇制度もあるのが嬉しいですね。

真面目に結婚を考えている方が多いのが特徴で、初婚で婚活している人にもおすすめです。

「他のサイトでは、シングルマザーだから中々良い出会いが見付からなかった。」
という方も、是非マリッシュ(marrish)に登録してみて下さい。

 マリッシュ(marrish)の詳細はこちら